本番近し!

小屋入りして、大道具設置も大体終わり。

明かり、音響も今日の昼間には終わるので、演出は早く場当たりがやりたいらしい。

うまく行けばやれるかもだが、まあ、明日になると私は踏んでいる。

25年振りの舞台だけれど、この高ぶりの無さはなんだろね。

ハコに入れば盛り上がると思ったのに、ぜーんぜんなんだもの。

我ながら、もう舞台のヒトでは無くなってしまったのかと、ちょっと淋しい。

清康役の若いゆうたなんか見ていると、初めての舞台が面白くてならない様子が可愛い。

ええのお(笑)

さてと、オバサンはとりあえず、出来る限りの事をしよう。

しかし、役者のサガとは恐ろしいもので

合唱で歌っているのに、掛け合いになると、相手の歌をくおうとするんだわな。

自分でも分かっているのにどうしても他の人より早く歌い出してしまうのよ。

皆さん、私のことは諦めて皆さんのテンポを守ってくだされ!m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ありがとう、そしてさようなら栗本薫さん

突然の訃報

昨日は余りの衝撃に言葉もなかった…

危ないかも、とは思っていたのだけれど

きっと「グイン・サーガ」を終わらせてから逝くに違いないと信じていた。

あんまりだよ、栗本薫さん、あんまりだ。

悲しいんじゃない、悔しいんじゃない、ただただがっかりしてしまったんだ。

物語の神はアラビアンナイトの王の様に、お側で永遠のものがたりをさせようとなさったのか

我が儘を言わず、もう少し地上の星で置いて欲しかった。

神様、彼女の頭の中は未完の物語で溢れていたんですよ…

稀代のストーリーテラーは逝ってしまった。

そして呆然としたままの私は

信じられない気持ちのまま、グインの続編を書店で探すのだろう。

昔、手の届かなかったパソコンをどうしてもやりたい!と思わせてくれたのは

「ウィザードリィ」を教えてくれた矢野大人と

「パソコン通信」を教えてくれた栗本薫さんだった。

アナログ人間の私が、今こうして曲がりなりにもパソコンに触れているのは

本当にこのお二人のお陰と言って過言でないのに

矢野大人も薫くん(そう呼ばせてもらおう、同年のよしみで)も逝ってしまったなんて

もうやめよう、愚痴しか出てこない。

折りが有れば改めて書こうと思う。

今は

ありがとう、そしてさようなら栗本薫さん

そっちにいったら、終わらないグイン・サーガを読ませて下さいね。

                                                   合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

守山崩れ

芝居の稽古も本番まで3週間、新型インフルエンザの脅威と共に佳境に入って来た感じだ。

http://www.geocities.jp/gekidan_ph7/moriyama/yumekuzre.htm

なんと25年振りに芝居に参加した訳だが…

慣れない事をするものだから、足の指を骨折してしまった。

野武士を蹴ったおすので裸足の足を上げたら、そこに相手のスニーカーの靴底があって

「ペキ」

野武士がスニーカーなんか履いてんじゃねーよ!(T▽T)

幸い中指だったので行動に支障は無いし、土曜だったので医者にも行けず

月曜になったらちょっと青黒さも薄くなったようなので、これなら折れてない、ねじった程度かもと思ったけど、一応医者に行ったよ。

「綺麗に折れてますね」

医者はにこにこ言いましたとさ、ちゃんちゃん。

ま、固定しとく以外しゃあないし、有り難い事に靴も履ける、良かった良かった。

4週間掛かる間に芝居は終わるし、恒例のシアトル行きには間に合うな。

稽古の為に悪化する…というのも有りだけど。

取りあえず、久しぶりの舞台を楽しもうと思う。

今一番の悩みは清康さんの髭だなあ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空港そのままショッピングモール

股関節を手術した友人と一緒に出かける

まずは例によって豊山でお寿司♪

馬上豊寿司さんのランチは誠にお値打ちで美味しい!

サラダ、つるむらさきうどん(ここのオリジナルで健康にいいのだ)、茶碗蒸し、握り、その上食後のコーヒーまでついてたったの945円!申し訳ないッてなもんです(笑)

有名なのは「イチロー巻」というぶっとい太巻きでかも知れない。

http://blogs.yahoo.co.jp/umagami55163

イチロー巻では恵方を向いて丸かじりするにはぶっとすぎなので、普通の「恵方巻」を友人共々2月3日に食べる為に注文しておく事にする。

去年カップルが来て、二人でイチロー巻を注文して、半分づつ丸かじりしていたそうな(笑)すごすぎるわあ。

お腹いっぱいになった後、名古屋空港国際線デッキをそのまま利用して生まれ変わったショッピングモール「エアポート・ウォーク アピタ」へ、目的は紀伊国屋書店でゆっくり本を見る事。

ここの本屋、大きくてゆったりしているのよねー、児童書も充実しているので色々買い込む、やっぱり新しい本もたまにはチェックしないと。

飛行機は見えるし、何だかこのまま海外旅行に行くんじゃないかって気分になる。だってウイングがそのままだし、繋がっている映画館に行く道なんかまるでそのままヒコーキの中へ、って感じだもの。

映画館を確認、木曜日がレディースデイで1000円で観られるんだ、しまったなあ、本屋より先にこっちに来ていたら映画を観たのに、残念。

まだ「K-20」も「レッドクリフ」も「ウォーリー」も観てないんだ。

終わる前に、せめて一つは観たい!絶対木曜日には来るぞ!!

特に「K-20」は北村想さんの原作だもの、観ておきたいので先にパンフを買い、映画館の会員になっておく、何か特典があるらしいから。

「木の実」で呑んでた時、レノンが撃たれて死んだ。あの時想さんも一緒にレノンの為に呑んだなあ、昔・昔の話だ。。。。

イチロー展示ルームに届け物をして帰る。

本当は彼女を送ったらジムに直行のつもりが、何だか眠くてたまらず家に直行。

寝ているシバの横で私も爆睡、ま、いいかベリーダンスダイエットって本も買ったし(買っただけで満足して寝てんじゃないよ)(笑)

夏にはアー君を連れて来たいな。。。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

1.17とインフルエンザ

神戸は今年も静かな鎮魂の祈りに包まれた。

14年目の1.17 午前5時46分

私はインフルエンザに掛かっていたので、布団の中から黙祷した。

神戸に知己の出来た今は、我が街の災禍と思っている。

イチロー選手もきっとふさわしい場所でこの日を迎えた事だろう。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

天城越え

イチロー選手今季の登場曲は「るんるん天城越え」
アメリカMLBのボールパークに日本の演歌が初めて流れる…

「えぇんかぁ?」(笑)

なんてダジャレも空回りする位ビックリだけど、いかにもイチローらしい。

紅白で聞いた「津軽海峡冬景色」が気になって(なんでも全歌手の中で一番力が抜けていてしかも素晴らしい歌唱だったとか)
一月にわざわざ自分でチケットを購入して出かけたコンサートで
最後に歌われたこの曲に感銘を受けたらしい。
今年の彼のテーマが「越」だったことにも運命を感じたそう。

それを読んで私も30年前(古あせあせ(飛び散る汗))の石川さゆりさんの事を思い出した。

私は金の無い芝居屋で、どんなバイトでもしなければならない程ビンボーだった。
だから回ってきたショーダンスのバイトも受けたんだ…ダンス?自信なんてあるもんかいな(笑)
で、踊ったのが「いしかわさゆり歌謡ショー」の休憩時間、幕間の20分だった。
ショーが大きなカクテルラウンジであったので、お客は酒を呑んでいる。
まだ二十歳くらいの石川さゆりさんは津軽海峡のヒットもまだ。
自分の曲も少なくて、美空ひばりさんの歌なんかも歌っていたように記憶している。

私にとって単なるメシのタネ、恥ずかしい踊りあせあせ(飛び散る汗)をさっさと済ませて帰るだけで、主役の歌手にはなんの興味も無かったさ。
それが、なんで強烈な印象を残しているかと言うと、楽屋で準備しながらバンドの音合わせを聞くともなく聞いているところに

「ケッ、何様のつもりだい、あのガキ、自分をひばりと同じだとでも思ってんのか?」

とバンドボーイが入って来たからだ。
彼は私に同意を求めるように
「なあ、やってらんないよ、ただの音リハだよ、ここがあそこがってエラそーに、いい加減にしろっての、どうせすぐ消えるくせにちょっと上手いと思って天狗になってよお」とぶつぶつ言い続ける、言いながら何だか近寄ってくる…来るな(笑)
そいつと二人きりになるのもイヤだったので生返事をして私はそっとステージを見に行った。

ゼラの入っていない生明かりに大量の埃が舞っている。
その中に普通のワンピース姿の少女と言ってもいい姿があった。
甲高い声でバンドの誰かに怒りをぶちまけている、心なしか白けた雰囲気が漂い「独り相撲」と言う言葉が頭に浮かんだ。
メイクもまだの顔は大人に負けまいとぴりぴりしている、考えたら周りはみーんな彼女より年上ばかりなんだ。
ようするに「ドサまわり」の小さなステージ、いい加減にやっとけと思っている私のようなヤツばかり
そんな中であの子は独り「そこは違うでしょッ!何度言わせるの!」とイラだった声を張り上げているのだ。

今ならその気概を天晴れと思い、なかなかやるじゃんと微笑むところだが、
当時の私は「コワー目、ヒステリーだなあ、あの子」と目を合わさないようにしていた。

それ以来、演歌に接点は無くとも「石川さゆり」と言う名前は常に私の中にあり
「津軽海峡冬景色」は絶対演歌は歌わないと思っていた頃から好きな歌だ(今は歌う!仕事柄古い歌ばかりだけど)。
「石川さゆり」さんはしっとりとしたいいオンナに成長し、それこそイチロー選手の言う通り
「力の抜けた」自然体で歌えるオトナの歌い手になった。

メジャーの球場に流れる演歌にのって打席に入るイチロー選手…
早く生で観たい、行くのが今から楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1.17

あの震災から13年…

ロウソクの灯りが東公園に揺れる

御霊よ、安らかに

忘れません。

黙祷

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新社会人

上の子の新人研修が始まりました。

卒業はまだ先ですが、気持ちの上ではこれが学生生活の終わりと言う事になるのでしょうね。

彼女のブログにこんな言葉がありました。

ひとつは、自分の居る場所は世界のほんの一部に過ぎないということ。
もうひとつは、どんなに辛いことも、いつかは酒の席で笑って語れるような思い出になるのだということ。

これだけ覚えていれば、これから先も、どうにかやっていけるんじゃないかという気がします。

色んな事がありましたが、私が知って欲しかったのもこの二つだけだったのでした。

そりゃあ、これからだって、もっともっと色んな事がありますさあ、でも…

成長したんだね…思わず感涙にむせぶ母なのでありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

そこんとこヨロシク!

昨日、神戸であった矢沢栄吉さんのコンサートにイチロー選手が居たと言う目撃情報あり。

対談もしたイチロー選手だけど、実際にコンサートは見ていないので、行かなくてはと思ったのだろう。

他のファンと一緒にのりまくり、楽屋にも行って、「サイコーです!」って握手したらしい(^_^)

移籍の話題ばかりが派手なオフだけれど、イチロー選手は悠々と過ごしているようで、とても嬉しい。

ゆっくり楽しんで下さいね、野球がしたくなるまで。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

季節

毎年、仕事場までの道端に咲いている…

そして、撮る時期を逃す(笑)

今年はこの一枚…綺麗だなあ

060718hana

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧