« シアトル旅行記 2004.6.6 完結編 | トップページ | シアトル旅行記 2005.6.17 »

シアトル旅行記 2005.6.16

前の日、明日から旅行と伝えた整形外科のセンセは仰いました。
「…首に注射を2本打っておきましょう。痛み止めも出します、帰ったらすぐにいらっしゃい。」

たはは、今回の旅行は「頸椎と共に」とでも副題をつけましょうか(笑)

中部国際空港セントレア(中に「宮の湯」と言う飛行機の発着を観ながら入れるお風呂屋さんがあるので、我々名古屋人は「銭湯でゃあ」と言っています(笑))から成田へ。

narita 今回はminminさんと行きの飛行機から同じなので、ノースウェストの搭乗口で待ち合わせです。まあ、別々にチケットは取ったから席は離れていますが、今回のホテルの場所がちょっと分かりにくいので私にはとても心強い…ところがその心強い相棒、なかなか来ません。心配していると、搭乗が始まってからやっと登場しました。(笑)チェックインに思ったより時間が掛かったそう。

8時間のフライト。満席の上、席が真ん中なので外も見えず、出発の感動が半減。最初の食事にビールを貰って呑んで、その後首にクッションをはめて頸椎保護、おっしゃ、映画でも観るか…あ、あくびが…ふあぁぁぁ。。ZZZ。。。もう寝ていました(爆)

悔しいことに途中で来るはずのアイスクリームも記憶にありません。寝ていて貰えなかったあ、食べたかったのにー!o(>< )oo( ><)oジタバタ 。

minminさんは近くの赤ちゃんが泣くのでちっとも眠れなかったとか。お気の毒。替わって上げれば良かった…ってもう寝てたか(笑)

入国審査、指紋(人差し指)と写真が義務づけられました。もちろん荷物検査の時には帽子・靴を取らなければなりません。ますます厳しくなりましたね。minminさんは何度も同じ時期に独り旅なので、運び屋と思われかねないそうですが、去年調べられた私は、ひょっとしたら今年も、一人で帰る時身体検査されるんかしら。厳しくなってるし、全部脱げって言われるかもね。そんなの困るなあ、帰りの下着は新しいのにしとこっと。(笑)

info 荷物を受け取って、さあ、シアトルに到着!私は先回国内線で入ったので、全然違う雰囲気です。ありゃ、出てすぐインフォメーションもバス・ストップもあるじゃん。去年あんなに苦労して探したのにさ。これなら早かったのになあ、ホント。

でもminminさんに言わせると場所も感じも随分変わっているのだとか、前はインフォメーションにも人が居たそうですが、今は色んな資料が置いてあるだけなんですって。

194のバスに乗ってダウンタウンへ。174とはコースが違ってトンネルを通りますし、セーフコ・フィールドも、より近くを通る感じです。

safeco1 さあ、球場が見えてきました。ちょっぴり緑がくすんできて、何だか懐かしい、レトロなセーフコ・フィールド!

来たよ、今年も来ましたよ!本当にもうすぐイチロー選手のプレイがあそこで観られるんだね!気持ちのいい芝の匂いが、もう漂ってくるような気がします。わくわくの私達を乗せて、バスはトンネルに入りました。
ホテル(と言うか、ウィークリーアパートかな)は,minminさんがネットで探してくれたのですが、去年知己を得た「ともしび文庫」の木家下さんも「いいところを探しましたね」と言って下さった、旅慣れた旅行者や長期滞在者、家族連れの多い、治安も良い地区にあります。スペースニードルが近いんです…こ、今年こそ観光だ!(笑)

hotel2

hotel1

hotel_heya   

←左からフロント・全景・私の部屋

キッチン・レンジ・冷蔵庫付きなのは嬉しいけれど、洗面台の水が、いくらひねっても出ないのは何故?しかもminminさんの部屋もそうなんです。荷物を置いた私達は身支度をしてロビーに降り、カウンターのおじさんに訴えました。おじさんにっこり、コックを持つ真似をしてぐっと手前に引っ張りました。え?引っ張って回せ?

あ、あは、あはは、そーですか。分かりました、サンキュ~(爆)
まずは「水!」頻繁に水分吸収の必要なminminさんとスーパーへ。(これ正解、私のようにぎりぎりになってからの水分補給は良くないのです)

minminさんはガロンで、(一週間分だからね)私はリットルで水を買い、例年のごとくポスト・オフィスに寄って、ホテルに戻る途中の「ママのテリヤキレストラン」でお昼。

minminさんはパイクプレイス・マーケットに美味しくて安い店があるって言うけど、一度試してみる事にしようよ。ホテルも近いし、ひよっとしたらすごく美味しいかも。

teriyaki 頼んだのはごく普通のチキンテリヤキ、ライスとサラダ付き。7ドルはちと高いか。「甘すぎるね」「…うん」しかも大量…どおりでお客が外人ばっかな訳だ(ガイジンはこっちか(笑))ドギーバッグを頼むまでもないので、私は使い捨てコップに残ったテリヤキを入れて帰る事に、これを明日の朝食にしようっと。(笑)minminさんもご飯とテリヤキを確保。やったね!一食ゲットだ!朝食難民脱出!(笑)

ホテルに戻って少し休憩。洗面台の水は確かに出ました。でも勢いが強すぎて使えません。どうやっても調節できないので、洗面はキッチンでする事に。ガイジン仕様なので高すぎるけど仕方ないな。minminさんとこは結局水が出なかったそうで…でも、もう一度文句を言う気にもなりません。

それより、さあ!ベースボール・パークに出発だ。去年と同じように、シーフォーク・スタジアムを通ってセーフコへ。ん、なんだろ。広い駐車場に車が走り回っては急ブレーキを掛けたりしています。
「何やってんだろね」「ひょっとして、車の免許試験じゃない?」「こんなとこでぇ?」

shiki よく分からないまま急いで行くと、目の前に緑のガウンの集団が。???おおっ、(ポンと手を叩く)これは季節的に言っても「卒業式」ぢゃないかな!? 通り過ぎながら見ていると男の子はスーツ、女の子はちょっとお洒落なドレスやパンツスタイルでやってきて、スタジアムの前で緑のガウンを着て、角帽を頭に載せています。お母さんに着せて貰っている子も居るみたい。
式が済んだら、きっとパーティでもあるのでしょう。パートナーは決まっているのかな、若いって、いいな…おっと、それどころじゃない、球場はもうすぐです。

safeco2 見えました!セーフコ・フィールド!去年ほどの感動は無いけれど、やっぱり足取りが軽くなります。横の通りは「エドガー・マルチネス・ドライブ」になっていますが、去年までの名前は思い出せません、そんなんどーでもいいもんね、今はエドガー通りなんよ!

てぶくろ(笑)のあるレフト入り口の上、大きなモイ様とイチロー選手が美しい。いや、思わず写真撮りまくりました。今回カメラはいいのですが、腕に自信が無いもので、作戦名は「数打ちゃ当たる」となっております(笑)でも、このまま撮りまくったらCFカード、まさかとは思うけど足りなくなったりして…そしてこの危惧は後に現実に!(笑)

初日なのでチケットを手に入れないといけません。minminさんは今年も「WILL・CALLの戦い」へ!

will_call2 又しても窓口の女性「チケットは無いわ」おいおいおい、それを言っちゃあおしまいだよ、アンタ。遠い国からやってきた、かよわい女2人をなんだと思ってんの?とまあ、思うより早く、もう一度見てとminminさんが言うと、「あったわ」…ま、最初は「無い」と言うことに決めているんでしょーかね、お国柄ですか、マニュアルでそう言えとか(んなアホな、ただきちんと見てないだけでしょうよ)

兎に角4日分のチケットは手に入りました。私が帰ってからはminminさん一人だし。メッツ戦も終わっているので、その時にいい席が取れないかやってみるそうです。
今にも雨がふりそうなので、屋根は最初から閉まっています。「ナチュラル」の重厚な音楽が高まって…さあ、開門!

例によってライト・フィールドから入ると、全員にマリナーズのトレーディング・カードのプレゼント。でも、中身はバラバラで番号が揃っていません、私のにはポーキー・リースが8枚も…居ないひとなんてそんなに有ってもしゃあないじゃん。
あわわ、急いで行かないと、随分遅れをとってしまいました。
うわ、イチロー選手が練習してる!ラッキー!
急いで最前列に陣取り、私はカバンから用意の写真を取りだしました。

「イチロー選手~!名古屋からタロウ君を連れてきましたよ~!」
オフ会に出た人は知ってる私の大声、聞こえない訳がない(笑)おお、イチロー選手がこっちを見て笑っています。するとそばにいた日本人みたいな人(マサローさん、確かに長谷川投手に似てます)が走ってきて、「その写真、見せてもらっていいですか?」どーぞどーぞ、いくらでもどーぞ。

ああ、私の持ってきた写真をイチロー選手が見ています。周りの選手も集まって「これはなんだ」って聞いているみたい。この写真、本当は以前に私がカメラの練習に撮らせてもらった(ちゃんとお母さんと本人の了解も貰ってます、「いいですか」って言ったらペロリと顔をなめられましたから)もので、良く撮れたのをイチロー選手に上げたくて、お母さんに画像を送って転送して貰うつもりだったのです。でも、何度送っても実家のパソコンでは受け取れないと言うので、今回私が持って来たのです。関係者に渡すつもりだったけど、千載一遇のチャンスだもん!ここでやらずにいつやるの!
その時、後ろから…「オーリーさんとminminさん!」と断定的なお言葉が(笑)

だれ?え。ひょっとしてYUTAさん?!わー、すごい!どうして分かったの?「夕べFunfunさんからオフ会の時の写真を送って貰いました。でも後ろからすぐ分かった、「もす!」だもん(笑)」私はイチTでなく「もす!」Tシャツを着ていたんです。そら、そんなの着てる人、あんまり居ないわねえ(笑)それにしても、51ボードの素晴らしさよ。Funfunさん、有り難う。その画像を貰うためにほとんど寝てないで5時間走ってきたYUTA(ユタさんがほんとなんですって、今までユータさんとばかり思ってました)さんもホントに有り難う。
あっ!次の写真を見たイチロー選手、大爆笑!めちゃくちゃ楽しそうに笑ってます。良かった!良かった!あんなに嬉しそうに笑うイチロー選手を見たのは初めてだよ、私も嬉しい!!

すると、さっきの彼が(YUTAさんに聞いたら通訳のアレン・ターナー氏でした)写真を持って走ってきて、「イチローさんがこれが欲しいって言ってるんですが」それはタロウ君の全身写真でした。お母さんと写ってるのもあるんだけど、そっちは要らんのかい(笑)まあ、イチロー選手は遠慮して仰っているのでしょう。「もちろん、差し上げるために持ってきたんです、全部お持ち下さい。あ、犬の本も持ってきたんで、これも。」私は柴犬関係の本を3冊ばかり、日本から持ってきていました。勿論一緒に上げるつもりで。こんな重い物、持ってって貰わないでどうしましょう(笑)

taro_miru1 taro_miru2

taro_miru3 taro_miru4





左から順に「あれ借りてきてよ」「ありがとう」「どれどれ」「わっはっは!」

イチロー選手が颯爽とダグアウトに走って行ってしまうと、YUTAさんが言いました。

「最初にこんなすごいイベントやってしまって、後どうするんですか?」

ホントやねえ(笑)

一大イベント終了で虚脱状態のminminさんと私。(そらそーだわな)と突然。
「デイリー・スポーツですが」
プレス・パスを下げた記者の方に取材を受けました。
「今、犬の写真をイチロー選手に渡されましたね?」素早い!

「ご覧になったんですか?」「いえ、まだ」横でminminさん、「メディアはお断り、イチに迷惑がかかるのはいやだから」と露骨に嫌悪表明(笑)取材されてる私、何だかマネージャーに釘をさされる新人歌手の気分(爆)

syuzai←デイリーの記者さん

そんなことのために写真を持ってきたんじゃないしと、名前を出すのは断って、「ただ何かきっかけにでもなればと持ってきただけですから」と言うと、「そうですか、ではファンが写真を日本から持ってきたとだけにします」この記者さん、いい人みたいだけどなあ、…ひょっとして、イチロー選手が結婚祝いにスパイクを贈った記者さんじゃないだろか、ああ、逆取材すれば良かった!(帰ってからマサローさんのカキコでTBSのニュースでだけ映像があったと読んで、あの映像を流すために了解を取りに来たんだと知りました。そうだったのか)

YUTAさんに付いて場所を移動しながらも私のアタマは空白(笑)ポケーっとダグアウト上あたりに近づくと大勢の人がわいわいやってます。サイン待ちかなあ、何やってんだろ…と思う間もなく、YUTAさん、「カード出して、無い番号教えて下さい」カード?あー、貰ったトレーディング・カードの事?まだ分かってない私。YUTAさんはminminさんから番号を聞いて、早速近くの人達と交渉を始めました。そして自分の余分なカードと相手の要らないカードを交換していくのです。

card_kookan

←カードの交換会、たまたまこの時は日本人が集まりました。

私のボケ頭にもようやく呑み込めました。試合前の時間を利用して、カードの交換会をやっているのです。プレゼントに貰ったカードはランダムで、私のにはポーキーが8枚、イチロー選手のは無い(T-T)って状態。でも、と言うことは他の人の中にはポーキー0でイチロー8の人も居るかもってこと(私ならそいでOKだけどな(笑))
自分の無い番号を大声で叫べば余ってる人が応えてくれ、交換したいカードが合えば交渉成立。それから30分以上、YUTAさんの大奮戦は続き、なんと!3人とも全選手のカードをコンプリートしたのでありました!YUTAさん凄い!素敵!カッコいい!その上なんていい人なの!この後4日間、私は毎日同じセリフを繰り返す事になるのでした。(笑)

ana その後もYUTAさんに連れられて、例のブルペン・バーに行ったり(壁に穴が開いていて、覗くとブルペンが見える)ノーマンさんに会ったり(いい子にして悪いことをするんじゃないよ、と言われました(笑))試合開始まで知られざるセーフコを楽しみました。

VSフィリーズ第3戦6

私が座っているのは内野側のYUTAさんの席、まだ内野で観た事がないと言ったら少しの間替わって呉れたんです。ライト席が一番だけど、視点が新鮮!守っているイチロー選手の顔が見える!しかも第一打席でヒット!結局0点だったけど、2塁に進むイチロー選手も観る事が出来ました。

6 6

6 6 大満足で自席に戻る途中、去年食べられなかったアイバースのクラム・チャウダーを3人分ゲット!YUTAさんは要らないって言うかも知れないけど、付き合ってもらおう(笑)クラムの量が減ったって言うけど、あったかくて、たっぷりしてて、とろっとろ。あー、美味しい。一つでもうお腹一杯です。
球場グルメも好発進。イチロー選手もマルチヒットでminminさんとハイタッチ。試合はなんと延長戦で、時差ボケ気味のminminさんはかなり辛かったみたい。その上負けたから余計だよね。後で聞いたら吐き気もひどかったとか。それでも帰るって言わなかったねえminminさん。貴方はイチローファンの鑑です。(笑)

YUTAさんが送って下さると言うので、遅くなったけど出待ちする事に。外は雨が降っています。色んな人と知り合いのYUTAさん、警備員ともファンの人達とも、ひっきりなしに話をしています。チームコックの車が通っても、選手が通っても、同じように声を掛けて挨拶。それにしても本当に良く知ってるんだね。ライトを見ただけで誰の車か分かるんだもの。

「イチローだよ」え!分かんない。去年と車変わった?「ずっと同じ車だけど」あら(^^;) 
イチロー選手の車は停止線の向こうに止まったし、雨なので例によって姿を見る事は出来ません。でも通り過ぎる時「有り難う」と声を掛けると、手を窓につけて合図してくれました。
あー、終わった。一日目が終わった。YUTAさんに車で送って貰ってホテルへ。雨は随分強く降っていて、本当に送って貰って良かったなあ。今日はYUTAさんのお陰で去年とはまた違うセーフコを体験出来たし、イチボードとYUTAさんに感謝です。

私の部屋は2階、minminさんは5階。明日の朝はゆっくりにする事にして、minminさんとおやすみなさい。部屋に戻って、バスタブに湯を入れながらやれやれ…あ!薬呑むの忘れてる!痛み止めもろもろ、丸一日呑み忘れだあ。でも…その割に痛みは少ないけど、いかんいかん。
薬を呑んで、お風呂に入って、さあ寝ようと思ったら、TVで「ギャラクシー・クエスト」やってる。これB級映画だけど大好きなんだよねー、オタク映画の傑作だわ。…結局寝たのは日本と同じような時間でした。私にはアメリカも日本も時差無しなの?(笑)

2日目に続く 

|

« シアトル旅行記 2004.6.6 完結編 | トップページ | シアトル旅行記 2005.6.17 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

こんなブログにコメント下さるのは静さんくらいですhappy01
最近カラオケ行ってないなあ…唄いたいーnote

投稿: オーリー | 2014年10月19日 (日) 03:12

最近は チチローさん や お母さんと 週一ぐらいで

カラオケ 三昧  野球の話は ご法度です。karaoke

投稿: 静じい | 2014年10月 8日 (水) 14:51

先日は失礼いたしました。m(_ _)m

最近ブログの更新をしていないのがバレバレです(笑)
コメントにも気が付かなかったもので、申し訳有りません。

赤鼻のライダー様
こちらこそ、またお話を伺いたいです!

投稿: オーリー | 2009年10月11日 (日) 08:43

ここでは始めまして。

昨日 Ifain でお会いした シアトル帰りの老人です

ホームゲーム でホームTeamの練習が見れるなんて

ありえない 話ですね  驚きました。

その方法何時かないしょで 教えて下さい。

投稿: 静じい | 2009年10月 9日 (金) 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/123032/6458759

この記事へのトラックバック一覧です: シアトル旅行記 2005.6.16:

« シアトル旅行記 2004.6.6 完結編 | トップページ | シアトル旅行記 2005.6.17 »